2018年6月19日火曜日

知らない場所。



今朝の地震


寝ている部屋では棚の上から空箱などが落ちて来たり

レッスン室では棚の上に置いてあった地球儀やブリキのおもちゃ

立て掛けてあった額なのが落ちていました。

ちょうど落ちて来たところに紫陽花のドライフラワーがあって

こっぱみじんになりました、、、


そして


ウクレレも。



棚から落下、、、



しかし



幸い無事でした。



ウチの子


カルシウム豊富なのかしら?


いや


運が良かっただけw



気をつけたいと思います。



さて



少し前になりますが


とある楽器店を訪ねてこちらまで




初めてなんです、江坂


なんていうか


バンコクの駅に似ているw




ほらー


バンコク。



田舎者の僕は、駅前といえばバスのロータリーがあって

それなりに開けた場所でベンチなんかで待ち合わせしたりする

何ならちょっとした憩いの場的なイメージが強いもので


江坂駅というか、この沿線の皆さんは

駅といえばこの階段を登ってさっさと電車に乗るところ。

駅前というのはあくまで通過点で

ちょっとしたスペースで誰かと待ち合わせしたり

それが思い出になったり、ということは少ないんだろうな。


それに代わる田舎には無いような場所は山ほどあるわけで

わざわざ駅前にこだわることないのだけど、、、


何というか

当たり前だけれど住む場所が違えば


僕の中の「駅前の広場」のイメージではなくなることもある


でも僕の中には確かに「僕の駅前」があるわけで

そうすると

江坂駅とかに行くと

「ある」ということを経験してるが故の「ない」ことに対する

なんとも言えない寂しさがありました。


駅までの階段を登るほとんどの人は当然のように

駅前でホッコリすることもなくスタスタ上がって行きます。


「ない」ことが当たり前の人と当たり前じゃない僕


そのギャップというか違和感みたいなものが僕の中でだけ渦を巻いてる


次の日になったらすっかり忘れているような

フワッと風に乗って何処かへ消えていきそうなくらい

とっても軽くて淡い「引っかかり」なんだけれど


なんだかそれがとても大切な事に感じたんです。





2018年6月12日火曜日

発表会終了。


日曜日


発表会を無事に終えることができました。


今年は春の発表会をお休みしようかなと思っていたのですが


去年のうちから選曲している生徒さんが結構いて、、、(笑)


楽しみにしてくださっているのなら


ならば、ならば、という思いで開催しましたが


出演者の皆さん、そして長時間サポートしてくださったバンドメンバー


出演はしなかったけれど駆けつけてくださった生徒さんや久々にお会いする方

会場が狭くてご不便をおかけしたと思いますが、お酒飲んでエエ感じになってる方


そんな皆さんに支えられてなんとか終えられたと心から感謝しています。

ありがとうございました。

行き届かないところがいっぱいあったと思いますが

これに懲りずに引き続きよろしくお願いいたします。


そうそう


翌日の今日は一日お休みをいただいており

とっ散らかった部屋の片付けをしようと思っておりましたが


実は発表会の途中から足の指と首が強烈に痛くて、、、

あぶら汗で何とか乗り切れましたが

帰りのタクシーで電池が切れてしまい

帰宅後から、先ほどまで24時間以上寝てました、、、

寝すぎるとそれはそれで腰痛いです。

明日は朝からお仕事なのでお風呂に入り、、、

バナナを食べて今に至りますがまだまだ首や肩甲骨が痛いですね

起きたままで寝違えた感じです、、(汗笑)


そんなわけで出演者の皆さんからお電話やメールを沢山頂戴しましたが

明日以降にお返事させていただきますのでしばし時間をください。


本当にお疲れ様でした。



2018年6月5日火曜日

カリスマ。



最近



ジムの帰りにコンビニに寄ります。



しかも決まったセブンイレブン



家からは近いような遠いような微妙な距離だけど

ちょうどジムからの帰り道を少しだけ遠回りしたら寄れるのです。


なぜ

わざわざそのコンビニかと言うと


そこのある店員さんの接客が超絶素晴らしいのです


僕の半分くらいの歳であろう彼の名札にはシフトリーダーと書いてあった。


コンビニスタッフの鏡というか


間違いなく僕が今まで遭遇した中でダントツでトップの接客。


接客も含めた仕事の全てが見ているこちらを清々しい気分にさせてくれます


まず


いつも元気ハツラツ(夜中なのにw)


店に入ると、野球部のように声を出しすぎて少し枯れてるけどしっかり芯のある

「いらっしゃいませ!」で迎えてくれる。


しっかりこちらを見て、こちらの目を見て言う。


トイレ掃除に行くときは他のスタッフにわかるように


「トイレ掃除してきまーす!」(そのままだけどw)

と大きな声で言う。


僕しか客いない時でも

どこからともなくこれまた大きな声で

「おにぎり100円セールやってまーす!いかがですかー!」

「いかがですかー」(他の店員)


全然要らないけれど


おにぎり買って帰ろうかな、、、という気になるくらいなのだ。


レジに来て誰もいないと思ったらバックヤードからすぐに走ってくる。


きっとずっとモニターで見てるんだろうな


レジでのお金の受け渡しも極めて丁寧。


そして必ず目を見て

「ありがとうございました!」

と言ってくれる。


新しく入ったであろうスタッフのフォローも素晴らしい


レジにササっと走ってきて袋詰めの手伝いを手際良くする。



そして


いらっしゃいませから、おにぎり100円セール、レジの応対、


全てが決して押し付けがましくなく、極めて自然なのだ。


本気で心の底からの


いらっしゃいませ

ありがとうございました


きっと

これを感じているのは僕だけでないはず


ちょっと驚くぐらい素晴らしい。


僕は買い物に行くのではなく、彼のその清々しい仕事っぷりを見に行く。


そして僕は思う


コンビニスタッフでも人を感動させられるのだ


コンビニでも帰るときにはちょっと心が軽くなる。


あれ


また思いついたことを書いていたら長くなりました、、、


本来書こうと思っていたこと


忘れたw





そうそう


次の日曜は京都で恒例の発表会です。


今回は初のBonds  Rosaryさん。


祇園四条の南座の向かい、加藤登紀子さんのロシア料理のお店

キエフの入っている鴨東ビルの3Fです


昨年までの会場より狭くなったので


おそらくひっくり返ってると思いますが


観覧の方は立ち見の可能性大ですが

良かったら聴きに来てくださいませ。


6/10(日)12:00開場、13:00開演
入場料¥600(シートチャージ)+要1ドリンクオーダー
※立ち見でもシートチャージ(笑)

そして

今回のプログラムは自分でデザインしました。

いままで、僕のファーストアルバムのジャケットをデザインしていただいた

デザイナーさんにお願いしていましたが初チャレンジです


心配していた入稿も問題なく済ませました。


気に入ってもらえるといいな、、、


ではでは